相場をチェック|車検で車の不調を早期発見|安全に乗るために
車

車検で車の不調を早期発見|安全に乗るために

相場をチェック

作業員

二年間に一度の出費ということで、車検をする時も法定費用は必ずかかってきます。この法定費用は、自賠責保険と重量税、印紙代のことです。一方、車検の基本料金は依頼する業者と折半されるため24か月の点検と整備代、検査代、代行手数料が含まれることになります。ただ、別途で消耗品の交換は実費になるでしょう。例えばオイルを数か月に一回交換をしていれば車検の時にパスすることができますし、タイヤも事前に安く取り替えていれば車検の時に追加されません。また、車検の整備をどこまで踏み込んで行なうかで料金が変わってきますから、車検を依頼する場所で相談をする必要が出てきます。

軽自動車にかかる車検の料金は安くて三万円以内です。乗用車の場合も同等でしょう。ただ、消耗品や部品を新品に取り替えると最悪十万円はするかもしれません。よく高額で財布が苦しいという体験者の声がありますが、これは他の部分に不具合が見つかった時と推測することができます。各車検場で受けた場合の相場は、ディーラーの場合四万円から十万円、フランチャイズに依頼をすると最大で八万円です。民間の整備工場も同様の値段ですが、場合によっては車検代行を使うことが考えられるため一万円から三万円で済む可能性があります。一方、今はやりのガソリンスタンド車検は六万円と非常に安い金額をたたき出しています。その場で受け付けができるメリットだけではなく、費用が良心的なところも魅力でしょう。ただ、この相場も確かではありませんからまずは各社に見積もりを取ることが先でしょう。